豪科学機関と米航空、水素燃料の利用を模索

オーストラリア科学産業研究機関(CSIRO)は、米航空大手ボーイングと連携し、航空産業での水素燃料の利用方法を研究する。2050年からの水素を燃料とする航空機への移行に先駆け、5年以内に開発に着手したい考えだ。4日付オーストラリアンが伝えた。 CSIROのセンター…

関連国・地域: オーストラリア米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:歯科医院から電話が来た…(09/30)

「日本からの入国、家隔離可」 豪首相が規制緩和で発言(09/30)

WA州、NSW州とVIC州からの入境再開(09/30)

豪政府、官民のデジタル化に8億$拠出(09/30)

豪黒字化まで10年か、負債増でも拠出拡大を(09/30)

〔政治スポットライト〕日米豪印外相会合、10月6日開催決定(09/30)

豪の送金新興企、アトラシアン創業者が投資(09/30)

豪アマゾン、10月のプライムデーに自信(09/30)

廃棄物クリーナウェイ、賃金をさかのぼり削減(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン