首都コンド価格、中高級帯で下落傾向鮮明に

カンボジアの首都プノンペンで、コンドミニアム(分譲マンション)の分譲、賃貸価格が下落傾向を強めている。米不動産仲介大手のCBREによると、中高級物件を中心に新型コロナウイルスが取引に与える影響が深刻化しているもようだ。 第2四半期(4~6月)に完成したコンドミ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ANAの成田―プノンペン線、11月も運休(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

1~8月のインフレ率は3%、中央銀行(09/30)

セルカード、5Gサービス提供の準備完了(09/30)

縫製協会、EU経済制裁で欧州委を提訴(09/30)

国内のコロナ感染者、13日ぶり確認(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン