• 印刷する

インダストリアルX、TKインターと提携

デジタルトランスフォーメーション(DX)に関するコンサルティングを展開するインダストリアル・エックス(東京都港区)は28日、マレーシアでITサービスを手掛ける日系のTKインターナショナルと業務提携すると発表した。デジタル技術による企業の課題解決の需要が、海外に進出した日本企業の間で高まっており、両社のサービスを、国を越えて円滑に提供する狙いがある。

製造業やIT系など、マレーシアに進出する日本企業のDXを支援する。地場企業との提携や、現地の技術の導入も促しつつ、業務効率の改善やサービスの質の向上を図る。新型コロナウイルス感染症の影響で現地視察がかなわず、現地企業との接点を持てない企業向けには、TKインターナショナルを通したソリューションの提供の機会も設ける。

インダストリアル・エックスの八子知礼社長は今回の業務提携について「コロナ禍という萎縮ムードの中で、逆張りの戦略で海外進出支援を加速したい」と話す。

一方、TKインターナショナルの阿部慎吾社長は「DXをはじめとする日本の優れた技術を、東南アジアの製造業などに導入したい」とコメント。日本企業の支援に加えて、現地の産業育成も目指す考えを明らかにした。

インダストリアル・エックスは、2019年設立。資本金は500万円で、従業員は約20人。日本企業がDXを推進する上で必要なリソースをワンストップで提供している。

TKインターナショナルは、14年設立。マレーシアで、モノのインターネット(IoT)技術の検証、商用化に向けた日系企業のサポートや、コンサルティングを手掛けている。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 医療・医薬品その他製造IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:都心を抜け曲がりくねっ…(09/24)

オンライン消費が6割増加 東南ア、世代間格差の縮小も(09/24)

野党党首が過半獲得を主張 混乱に「立証必要」と首相が声明(09/24)

東南ア通貨、安定もドン高圧力=三菱UFJ(09/24)

8月消費者物価は1.4%低下、下落幅が拡大(09/24)

RM1=25.3円、$1=4.15RM(23日)(09/24)

国民車プロトン、自社小売事業を大幅縮小か(09/24)

メルセデス、人気のSUV市場に新モデル(09/24)

国内初の廃棄物発電所、年末に稼働時期遅延(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン