• 印刷する

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…

ニューサウスウェールズ州では、新型コロナの感染再拡大防止のため飲食店の規制が再び強化された。パブは蛍光色の安全ベストを着用した「衛生保安官(Hygiene marshal)」を配備することが義務付けられ、店内で社会的距離が適切に維持されるよう監視する。

週末に行きつけのパブを訪れると、衛生保安官は「オーダー方法が非接触形式に変わった」と言い、QRコードを使ってモバイルで注文するよう促された。支払いは電子決済で完結し、電話番号を登録してレシートをSMS(ショートメッセージ)で受け取る仕組み。とても便利で、これが飲食業界のニューノーマル(新常態)となるのだろうか。

翌日、見知らぬ電話番号からスパムメールが届いた。パブでの注文で情報が流出したに違いない。ニューノーマルは、まだまだ問題をはらんでいそうだ。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

炭層メタンガス、22年に国内初の生産開始へ(06/18)

テイクオフ:シドニー北部のある駅の…(06/18)

豪5月失業率5.1%、コロナ前水準まで回復(06/18)

給与補助終了で解雇の社員、大企業が再雇用(06/18)

最低賃金引上げ、雇用市場に悪影響=豪財界(06/18)

記事対価が世界的課題、ネット普及で紙媒体不振(06/18)

過去10年の豪生活水準、50年代以降で最低水準(06/18)

株価急落のネット販売セタイア、豪紙を非難(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン