【4大会計事務所の視点】<KPMG> 第84回 新型コロナウイルスによる非金融資産の減損検討への影響

国際会計基準審議会が2020年3月に公表した討議資料「企業結合 ― 開示、のれん及び減損」によれば、2020年2月時点における世界ののれん残高は約880兆円まで膨れ上がっており、その取扱いが課題となっています。その一方、新型コロナウイルス感染症の収束時期によっては、のれんを…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、514人に(09/30)

テイクオフ:新型コロナの流行による…(10/01)

豪政府、北部開発を加速へ 50億豪$の低利融資迅速化(10/01)

豪政府、地方部の経済復興に1億$以上拠出(10/01)

日本政府、豪NZの渡航中止勧告引き下げへ(10/01)

VIC州、企業と協力で労働者検査実施へ(10/01)

豪企業、評価損巨額の320億$も業績は楽観(10/01)

フレイザーズ、在宅推進も巨大オフィス開発(10/01)

豪8月建設認可が1.6%減少、NZは安定(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン