台北・新北の4区、不動産取引が活発化

台北市と新北市の4大科学園区が位置する4区で、住宅取引が過去1年の間に活発化している。企業の台湾回帰の増加が押し上げ要因とみられている。経済日報が伝えた。 このうち取引量最多は、新荘国際創新園区が位置する新北市新荘区で2,311件。坪当たりの取引単価は小型の「公寓」…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(08/07)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン