〔政治スポットライト〕豪州政府、2700億$拠出で軍事力を拡張

オーストラリア連邦政府は1日、今後10年間に2,700億豪ドル(約20兆582億円)を拠出して、長距離対艦ミサイルなどを新規導入して国防能力を高めると発表した。第2次世界大戦後としては最大規模の軍事力拡張で、インド太平洋地域に国防戦略の焦点を合わせる。オーストラリアン・…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週シドニーで久々に市…(05/10)

中国、豪中FTAの解消検討か 豪への報復措置で(05/10)

〔政治スポットライト〕豪国防費、米ソ冷戦終結以来の最高水準に(05/10)

日立建機、疲労検知技術持つ豪企業買収(05/10)

シドニーの対コロナ規制、17日未明まで延長(05/10)

豪、15日までの印からの入国禁止を延長せず(05/10)

豪連邦予算、中小企保護と初回住宅購入を推進(05/10)

豪インフラ投資、22年に21兆円超に(05/10)

豪企が買収対象のM&A、1980年以来で最高(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン