電気料金、新型コロナ影響期間は値下げへ

ラオス電力公社(EDL)は、新型コロナウイルス感染症に伴う外出規制などが導入された4~6月を対象に、電力消費量が1カ月当たり151~461キロワット時(kWh)の利用者の電気料金を引き下げると発表した。ラオス・タイムズ(電子版)が19日伝えた。 電気料金の引き下げは17…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

電子通関システム、23日から本格運用開始(02/26)

【ラオス経済通信】総選挙実施、ベトナムとの国際国境開設も 第158回(02/26)

ドイツ、縫製労働者支援に180万米ドル拠出(02/25)

アストラゼネカ製ワクチン、56万回分受領へ(02/24)

【新ラオス法】第25回・PPP法の施行について(02/24)

総選挙の投票実施、月内に結果判明へ(02/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン