• 印刷する

〔ポッサムのつぶやき〕オージーが世界一!買い占め度合いで

オーストラリアのニューサウスウェールズ大学(UNSW)の研究で、新型コロナウイルス感染症を背景としたトイレットペーパーや缶詰などの買い占めが世界で最も早くオーストラリアで横行し、買い占めの度合いも群を抜いていたことが分かった。オーストラリアでは買い占めが3月末まで横行。缶詰やインスタントスープの売り上げは180%増加した。シドニー・モーニング・ヘラルドが伝えた。

同大学のビジネススクールのキーン氏とニール氏は、米IT大手のグーグルの「グーグル検索」を利用し54カ国からデータを収集。新型コロナの流行時における買い占めの範囲と度合いを特定した。

オーストラリアでは、トイレットペーパーなどの購入量も2倍になった。またコメや小麦粉、パスタも不足する事態となった。

新型コロナが発生したほぼすべての国で、食料品や生活必需品を備蓄するために買い占めが横行したが、オーストラリアでは買い占めの度合いが他国より高く、キーン氏とニール氏が作成した「買い占め指数」で、オーストラリアは最も数値が高かったという。

キーン氏とニール氏は、他国では国内の感染者数の増加に比例して買い占めの度合いが高くなっていたが、オーストラリアは感染者数が急増する前から買い占めが横行していたと指摘。国境封鎖や、他国での感染拡大に伴う規制に影響された可能性が高いと述べた。

オーストラリア国立大学のマーケティング講師、ヒューズ氏は「オーストラリアの消費者は『FOMO(Fear of Missing Out=取り残される恐怖症)』に駆られたようだ」と述べた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:学生時代に友人らと、大…(07/16)

豪7月消費者マインド、再下落 メルボルン封鎖が重しに(07/16)

雇用消失の35%が回復、失業第2波の恐れも(07/16)

カード支出7%超増、豪経済楽観は禁物(07/16)

給与補助が延長?小企業は継続するか熟考を(07/16)

決算で支援策の依存度明示を、当局が指導(07/16)

豪の国際旅客、カタール航空が最多(07/16)

VIC州死者1人増、NSW州は市中感染特定(07/16)

コロナ対応、全国統一の基準設定を=財界(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン