1400社操業で外資ゼロ:緬最大のマンダレー工業団地

人口125万人のミャンマー第2の都市、マンダレー市の南部に位置するマンダレー工業団地では約1,400の企業が操業しておりミャンマー最大の集積規模だ。食品加工業や簡素な車両組み立て・補修工場が目立ち、中国・インドとの部材調達・輸出も盛ん。ただ、人件費はヤンゴンよりも高い…

関連国・地域: 中国タイミャンマーインド日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国軍の威厳に傷、米制裁に報道官=地元報道(07/20)

軍幹部への制裁強化を主張、国連報告者(07/20)

中国初の中古車輸出、広州からカンボジアへ(07/19)

電力インフラ投資に弾み期待 料金引き上げは「追い風」(07/18)

17年の賃上げ率は1~5%=仏商議所調査(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

米が国軍司令官制裁、ロヒンギャ迫害巡り(07/18)

ヤンゴンの上水道利用率、25年までに90%に(07/18)

金価格が過去最高に、世界経済への不安反映(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン