• 印刷する

テイクオフ:今月に入り、4回にわた…

今月に入り、4回にわたり新型コロナウイルスの新規感染者ゼロの日を記録している。25日現在、入院中の感染者は57人まで減り、累計の感染者に対する回復者の割合は96.3%まで上昇した。感染予防に協力している国民と最前線で治療に当たる医療従事者の努力のたまものだと思う。

収束の兆しが見え始めた背景には、政府が的確な対策を実施したことがある。ただ、個人的には首をかしげたくなるような制限もある。例えば、午後11時~午前4時の夜間外出禁止令だ。夜間にウイルスが活性化するという科学的な根拠があるわけではなく、実施の理由が不明瞭で、これにより失業した夜間労働者も少なくない。

非常事態宣言を6月末まで再延長する案が上がっており、きょう26日の閣議で最終決定される見通しだ。夜間外出禁止令など同宣言に基づく制限の見直しも実施されることを望む。(ワ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

6月の消費者信頼感、2カ月連続で改善(07/03)

タイ国境検問所の移動自由化、外交筋も要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

短期出張者の入国、投資委の推薦条件を検討(07/03)

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(07/03)

経済3団体、GDP予測のマイナス幅を拡大(07/03)

CPTPP特別委、検討期間を2カ月延長(07/03)

観光客受け入れ、8月から3段階で実施へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン