時間当たり労働生産性、1Qは2.1%増

マレーシア統計局が21日発表した2020年第1四半期(1~3月)の時間当たり労働生産性(就業1時間当たり付加価値)は前年同期比2.1%増となった。前期の1.4%増から0.7ポイント上昇した。総労働時間は前期の2.1%増から1.4%減にマイナス転換した。 時間当たり労働生産性は…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

州またぐ移動を完全に禁止、違反者には罰金(05/22)

ジェトロが労務など無料相談、新型コロナで(05/22)

ムヒディン首相が自宅待機、会議に感染者(05/22)

パナ、白物家電の生産撤退 マレーシアやベトナムに集約へ(05/22)

4月新車販売は141台、制限令で99.7%減(05/22)

RM1=24.8円、$1=4.35RM(21日)(05/22)

小売店再開も客足鈍く、大幅値引きで対応(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン