• 印刷する

三菱自動車、コロナ禍で早期退職者を募集

三菱自動車のタイ法人ミツビシ・モーターズ・タイランド(MMTh)が、早期退職者の募集を開始したことが14日までに分かった。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い国内外で自動車需要が縮小していることを受けて、同社は断続的に生産を停止している。

MMThの広報担当者によると、事務所と工場に勤務するすべての従業員を対象に希望者を募る。54歳以下で、勤続年数が1年以上であることを条件とし、年齢と勤続年数に応じて8~35カ月分の給与に相当する退職金を支払う。タイ国内の従業員数は約7,000人という。

MMThは、4月1~26日に東部チョンブリ県レムチャバンにある3工場で生産を一時停止した。同27~30日に一部再開したが、5月に入り再び一時停止。広報担当者によると、18日から生産を順次再開する。稼働再開後の生産体制は稼働停止前と変わらないという。これらの工場では、小型セダン「アトラージュ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「パジェロスポーツ」、ピックアップトラック「トライトン」などを生産している。

タイ国トヨタ自動車(TMT)の発表によると、三菱自動車のタイにおける2020年1~3月の販売台数は前年同期比29.2%減の1万6,974台。市場シェアは8.5%で、トヨタ自動車、いすゞ自動車、ホンダに次ぐ。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「フィリピン、ベトナム…(09/30)

アジア新興国の成長率、20年は0.9%=世銀(09/30)

【4000号特集】アジア経済はいずれ回復する 中尾ADB前総裁に聞く(09/30)

8月のメーカー別車輸出、10社中7社が減(09/30)

タイの仕向け地別の車輸出台数(20年8月)(09/30)

EV協会、充電設備のATM並み普及に注力(09/30)

JBIC、車部品の光生アルミに再び融資(09/30)

全日空、11月から成田への帰国便を再開(09/30)

首都空港第2期、22年4月に移管準備完了(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン