• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルスの影…

新型コロナウイルスの影響で市民の外出意欲が低下し観光業や飲食業に打撃を与えている中、レストランやホテルは多種多様な手で生き残りを図っている。先日内湖で通りがかったブッフェレストランでは、4月生まれの客の料金を4割引きとするキャンペーンを実施していた。私自身4月生まれで、店内もそう混んでいなかったため利用することにした。

入り口での検温、アルコール消毒はもちろん、席を立っている間はマスクを着用し会話を最低限にするよう求められた。店内の各ポイントにもアルコール消毒液がたくさん設置され、料理を取って席に戻る度に手指を消毒することができる。座席は他の客とテーブルが隣り合わないよう指定された。

厳しい対策のおかげで、安心して食事を楽しむことができた。客が少ないため料理も選び放題で待たされない。今ブッフェレストランは狙い目かもしれない。(屋)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

聚鼎、ヘンケルの米金属基板事業を買収(13:29)

テイクオフ:台湾政府が新型コロナウ…(07/09)

旅行業界1.4万人が失職か 「倒産の波到来」に懸念も(07/09)

受動部品2社、6月売上高が1年半ぶり高値(07/09)

福特六和が受注好調、生産能力再度引き上げ(07/09)

台プラが1%賃上げ、下期業績は回復へ(07/09)

石化2社がガソリン輸出削減か、需要低迷で(07/09)

大容量海底ケーブルSJC2、21年完成へ(07/09)

中油が500億元でタンク建設、鉄鋼各社に恩恵(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン