• 印刷する

テイクオフ:インドで暮らして驚いた…

インドで暮らして驚いたことの1つは、デリバリーの充実ぶりだ。日本では使ったことのなかったアプリを通じた食事宅配サービスを初めて利用した。そんな宅配アプリは、封鎖下のインドではなくてはならない存在になっている。買い物を禁止されている地域や団地、アパートが多数あるからだ。食事だけでなく、食料品を届けてくれるサービスもある。

封鎖下で感染が拡大する中、どうしてもお肉が食べたくなった。家に閉じこもりの生活が続き、冷凍したハム以外の肉を1週間ほど食べていなかった。配達員の安全を危惧しながらも、アプリで肉料理を注文した。すると、アプリ上の地図に表示される配達員はマント姿のヒーローになっていた。彼はまさしく、いまのインドのヒーローに違いない。私にできるのは、チップを多めに払うことくらいだ。彼がきょうも元気でありますように。(榎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国系の59種類のアプ…(07/13)

タイヤ大手が業績悪化 需要減で各社コスト削減に努力(07/13)

カンボジア、インドとのFTA締結視野(07/13)

タイヤ原料大手、チェンナイで新工場建設(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

メルセデスの販売、上期は3千台に半減(07/13)

鴻海、インド南部にアイフォーン工場か(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン