コロナ鈍化、在宅から出勤へ 「働き方」の見直し機運も

新型コロナウイルスの感染拡大の鈍化を受けて、防疫対策として実施してきた在宅勤務を通常の出勤体制に戻す企業が増えている。ゲーム大手のネクソンは6日から全従業員が出社。SKテレコム(SKT)も約1カ月半ぶりに一部社員が出勤を始めた。一方、時差出勤など柔軟な働き方を…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ対応で利下げ、過去最低の0.5%に(15:53)

新型コロナ感染者、79人増の1万1344人(15:43)

現代自とソニー提携、映画で技術アピール(16:11)

現代・起亜の新EV、LG化学も電池供給か(16:11)

現代自とGS、ソウル江東に水素充塡所開設(16:11)

テイクオフ:バスに乗ってマスクの着…(05/28)

日系半導体部材が現地生産へ 韓国国産化に対応、業界新常態に(05/28)

新型コロナ感染者、40人増の1万1265人(05/28)

小中学校の登校再開、90日遅れの新学期(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン