新型コロナ発生を疑い、口論から死傷者発生

ミャンマー中部バゴー管区で5日、新型コロナウイルス感染者の発生を疑う口論を発端とする襲撃事件が発生した。襲撃で1人が死亡、2人が負傷した。電子メディアのイラワジが6日伝えた。 事件の発端となったのは、タラワディ地区のゲストハウス。近隣住民などから、宿泊客の1人…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営航空に政府が緊急融資へ コロナ打撃、国際線は運休延長(06/05)

コロナ基金、1千社超に375億チャット融資(06/05)

道路局での申請、ネット事前予約が必要に(06/05)

バングラからの帰国者1人感染確認、4日朝(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

MAB銀が投入、国内最高金利の貯蓄預金(06/05)

医療アプリのミャンケア、スカラが出資(06/05)

欧州に材木の違法輸出疑惑、政府は否定(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン