全国で13万人超が自宅待機や解雇=労相

インドネシアのイダ労相は6日、同日までに自宅待機または解雇となった労働者が全国で合計13万456人になったと明らかにした。こうした労働者を雇用する企業の9割が、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で一定期間操業を停止し、自宅待機措置を取っているという。コンパス(電子…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

プルタミナ、東カリマンタン沖で探鉱継続(16:53)

経済調整相、8州で「新常態」に移行可能(16:48)

国営通信、家庭用ネット契約者が4割増(14:33)

オフィス需要、コロナ収束で反動増=JLL(14:12)

テイクオフ:ジャカルタで職場閉鎖措…(05/28)

銀行融資、年内に回復基調か 政府の信用保証が後押しに(05/28)

ボゴール市のPSBB、6月4日まで延長(05/28)

ブカシとカラワン県境の監視強化、運輸省(05/28)

ライオン航空、国内線を月末まで運航停止(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン