• 印刷する

テイクオフ:桜の開花ラッシュを迎え…

桜の開花ラッシュを迎える韓国。毎年、花見客でごった返す桜の名所も今年は例外だ。ソウルの漢江公園では、新型コロナの感染防止対策として公園の駐車場が全面閉鎖され、毎年開催される「花祭り」も中止となった。

密閉、密集、密接の「3密」を避ける動きは韓国でも徹底されており、暖かくなった3月後半からは野外の公園や広場に人が集中した。特に漢江公園では、レジャーシートを敷く場所を確保するにも難しい状況になっていた。

皮肉にも、今年は悩みの種である大気汚染が一時的に改善している。3月1日~23日のPM2.5の平均濃度は前年同期と比べて50%ほど低い。快晴の日が続くことも多いため、花見を好む人からすれば今年は「当たり年」だ。

ただ今は「事態収束への重大局面」にある。青空の下に咲く満開の桜並木を目に浮かべ、その尊さをかみしめる。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「アイ・キャン・スピー…(05/26)

支援金すでに9割以上が受給 IT基盤で即入金、賑わう商店(05/26)

新型コロナ感染者、16人増の1万1206人(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

バス・タクシーもマスクを、26日から義務化(05/26)

遊興施設の入店者情報、QRコードで把握(05/26)

社会保険の滞納増、コロナで経済悪化続く(05/26)

統一企業、M&Aやアライアンスを加速(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン