• 印刷する

トヨタ、コロナで医療従事者の送迎サービス

トヨタ自動車が設立した一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(TMF、東京都文京区)は3月31日、新型コロナウイルス感染症の対策の支援として、タイで医療従事者向けのオンデマンド型の送迎サービスを実施すると発表した。

バンコクの病院と連携し、新型コロナウイルス治療に携わる医療従事者向けに10台のシャトルバスを運行する。期間は4月中旬から3カ月を予定。現在、提携する病院の調整を進めている。

シャトルバスには空気清浄機を設置し、定期的なシートカバー交換や頻繁な消毒など、衛生面での対処を行い、乗客間の距離の確保といったガイドラインに従う。対象者が乗車したい場所と時間をシステム上で指定することで、ジャストインタイムの考え方に基づく最適ルートで運行する。

TMFの担当者はNNAに対し、「トヨタの現地法人タイ国トヨタ自動車(TMT)とトヨタ・ダイハツ・エンジニアリング・アンド・マニュファクチャリング(TDEM)から迅速なサポートを受けることができたため、まずはタイでの活動が実現した」と説明。タイ以外の国・地域での支援活動も検討していくとした。

TMFは、「豊かなモビリティー社会の実現とモビリティ格差の解消への貢献」を目的に2014年8月に設立された。タイでは、バンコクの幹線道路の一つであるラマ4世通りの渋滞緩和に向けて、ビッグデータや人工知能(AI)を活用した実証プロジェクトを進めている。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(15:58)

新規感染者1人、死者1人を確認(2日)(06/03)

逆境下で海外流通大手が奮闘 タイ大手は最大都市に大型店(06/03)

コロナ禍、再エネ開発に試練 消費減と油価下落で構造改革論も(06/03)

【グラフでみるASEAN】輸出額(3月) 明暗分かれる、フィリピンは25%減(06/03)

テイクオフ:取材で商業施設の営業再…(06/02)

電子部品1Q決算、2.6%減益 コロナ影響もバーツ安で耐える(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン