• 印刷する

テイクオフ:非常事態宣言の中、バン…

非常事態宣言の中、バンコク市内から道路検問にも遭わず、スワンナプーム国際空港にたどり着けて、まずほっとした。航空各社の減便も相次ぐが、自分が乗る便はどうやら飛ぶようだ。

新型コロナウイルス禍をよそに、東京に異動となった。商業施設の閉鎖、国境封鎖、不急な県境越えの禁止と、急速に強まるタイ政府の規制措置。出国できないのではないかと心配したが、空港は陸の孤島さながら動いており、がらがらと想像した飛行機も、意外に混んでいた。

しかし、羽田に着陸すると、今度は日本の規制強化が待っていた。検疫官が乗り込んできて、14日間、自宅待機せよという。公共交通機関の利用もだめと言われ、家族に空港まで迎えに来てもらうはめに。コロナ対策が比較的ゆるかったともされる日本。東京五輪の延期が決まった途端、真実を言い始めた…とは考えすぎか。(範)


関連国・地域: タイ
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(18:18)

新規感染1人、クウェートからの帰国者(5日)(06/06)

地場大手、蓄電池生産を加速 コロナ後見据え事業の多角化図る(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

トヨタ、新型「フォーチュナー」など発表(06/05)

日産、2カ月ぶりにピックアップの生産再開(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

電動バイク生産に優遇、投資委が検討(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン