• 印刷する

《安全》日本人女性が感染、計844人に(29日)

シンガポールの保健省は29日夜、新型コロナウイルスの感染者を同日正午時点で新たに42人確認したと発表した。24人は海外、残りは国内で感染した。国内のうち1人は日本人女性だった。感染者数は累計で844人となった。

海外で感染した人のうち、23人は国民、永住権(PR)保持者、長期滞在ビザ保有者。1人は短期滞在を目的としたマレーシア人だった。滞在先は欧州、北米、中東、東南アジア、その他のアジア地域となっている。

国内での感染者のうち、22歳の日本人女性は労働ビザの保有者。国立感染症センター(NCID)で隔離入院している。現地で日本人の感染が確認されたのは2人目。感染源は判明していない。

新たなクラスター(感染者の集団)も確認された。北部イシュンにある婚礼サービス会社ザ・ウエディング・ブロケードの関係者3人だ。

29日正午時点で新型コロナウイルス感染症のため入院しているのは423人。うち重篤な状態で集中治療室(ICU)に入っているのは前日から変わらず19人だった。

入院の必要はないものの、陽性診断が下りている206人は、コミュニティー隔離施設などに留め置かれている。退院者は14人増えて212人。死亡者は1人増えて3人となった。

保健省は感染経路や他の感染者との関連が明らかになっていない国内感染の71人について、引き続き調査を進めている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(16:08)

来月2日以降も在宅勤務、違反企業には罰則(16:51)

大学生に人気の就職先、4年連続でグーグル(16:56)

キャピタランド、モールの感染防止対策強化(15:27)

4月個人融資3%減、過去最大の下げ幅(16:55)

金融機関のAI活用、公正性保つ基準策定へ(15:27)

7~12月期の工業用地入札、6区画実施(16:08)

新規感染506人、計3万4366人(30日)(16:08)

新規感染611人、計3万3860人(29日)(16:08)

活動制限解除の第2期、6月末より前倒しも(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン