【政経ウオッチ】第137回 警察高官人事の裏で政権内部の争い?

インドネシアの高速鉄道事業をめぐる日本案と中国案の対決は、最終的にジョコ・ウィドド大統領が「両案不採用」という結果を出して終わった。ただ、その陰で、汚職疑惑をめぐって政権内部に対立が起こっている様子がうかがえる。 数日前、国家警察ブディ・ワセソ犯罪捜査局長を国家…

関連国・地域: 中国インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(20:26)

国内航空会社、レバラン休暇の搭乗率は9割(20:49)

カカオ豆輸入、今年は10%増加の見通し(20:45)

テイクオフ:ジャワ島中部のウォノソ…(06/21)

5月訪日客数、前年比27%増 格安エアアジアXが客層を拡大(06/21)

イオン、ウナギ資源保護 履歴管理強化(06/21)

千代田化工、マセラ鉱区の予備設計を受注(06/21)

クンダル工業団地、開業1年半で41社が入居(06/21)

空港鉄道、19日からブカシまで運行拡大(06/21)

年内は航空機の基本運賃の値上げ認めず(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン