2月の外国投資認可は堅調 5億米ドル、コロナ影響は今後か

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、2月の海外直接投資(FDI)認可額は、ティラワ経済特区(SEZ)を含め4億9,235万米ドル(約527億6,300万円)だった。新型コロナウイルス感染症の拡大がもたらす悪影響が指摘されているが、2月単月は前年を約10%上回る水準を維持し…

関連国・地域: 中国香港韓国タイミャンマーシンガポールオーストラリア日本欧州
関連業種: 繊維その他製造建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

公務員の全員出勤を再開、6月1日から(19:05)

印から帰国者4人感染、累計228人=1日朝(14:20)

国内のコロナ規制を大幅緩和 空路封鎖は継続、帰任見通せず(06/01)

印から帰国者17人感染、累計224人=31日朝(06/01)

投資委、LNG発電所など9件認可(06/01)

アジア開銀から2千万ドル、新型コロナ対策(06/01)

シンガポール政府機関、インフラ開発で支援(06/01)

ミャンマー国際航空、ソウル貨物輸送を拡大(06/01)

送金アプリのワンペイ、利用者15万人に(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン