外国人居住者の電子登録開始、懸念の声も

カンボジア内務省の移民総局が今年1月に開始した外国人居住者の電子登録をめぐり、一部から懸念の声が上がっている。クメール・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 同紙の取材に匿名で応じた外国人男性は、突然自宅を訪れた当局職員に45分間に及ぶ面接で個人情報の申告を求められ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産IT・通信観光マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

タクマオの上水整備、JICAが34億円支援(06/04)

コロナで縫製256工場が閉鎖、13万人に影響(06/04)

シアヌークビル空港、20年の開発計画を発表(06/04)

早期の建設を要請、日系絡む水力発電所(06/03)

首都物流拠点計画、月内に本格事業化調査へ(06/03)

事業登録プラットフォーム、今月立ち上げへ(06/03)

アンコール遺跡の旅行客、1~5月は6割減(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン