• 印刷する

マスクなどの不当な値上げ、法的措置へ

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が高まる中、カンボジア商業省は、マスクなどの日用品や食品の価格を不当に引き上げる事業者に、法的措置を講じる方針を示した。クメール・タイムズ(電子版)が10日伝えた。

商業省は声明で、関連機関や当局と連携し、販売業者が不当な値上げをしないよう監視を強化する方針を表明。商業省傘下の輸出入検査・不正防止総局(カムコントロール)が市場や店舗、ショッピングモールなどで販売されている商品を検査する計画だ。

北西部シエムレアプ州では、7日に国内2人目となる感染者が確認されたことで不安が広がり、一部の店舗でマスクや消毒液などの価格を大幅に引き上げる動きが見られた。このような値上げの動きは、全国的にも発生しているという。

商業省は「マスクや消毒液は国内向け、輸出向けとも十分に在庫がある」と話し、国民にパニックに陥らないよう呼び掛けた。

カンボジア薬事評議会も、国内の全ての薬剤師に対し、マスクを適正価格で販売するように要請。違反した場合は事業停止処分になると警告した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タクマオの上水整備、JICAが34億円支援(06/04)

コロナで縫製256工場が閉鎖、13万人に影響(06/04)

シアヌークビル空港、20年の開発計画を発表(06/04)

早期の建設を要請、日系絡む水力発電所(06/03)

首都物流拠点計画、月内に本格事業化調査へ(06/03)

事業登録プラットフォーム、今月立ち上げへ(06/03)

アンコール遺跡の旅行客、1~5月は6割減(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン