18年アジア大会、開催準備の遅れに懸念

インドネシアで2018年開催予定のスポーツの祭典「アジア大会」に向けた準備が遅れていることに懸念が高まっている。準備期間が短いことなどが背景にある。インドネシアは開催が決まっていたベトナムの辞退に伴い、14年に主催国に決定した。11日付ジャカルタ・ポストが伝えた。

アジア大会のメーン会場となるジャカルタ・スナヤン競技場の改修は、公共事業・国民住宅省が先ごろ、既に予算の配分も終えていた青年・スポーツ省とジャカルタ特別州から引き継いだ。

公共事業・国民住宅省は、改修と、ジャカルタ・クマヨランの選手村の建設にかかる費用を総額2兆ルピア(約168億円)と試算。時間的な制約から、大規模改修はメーンスタジアムと、屋外プールの屋内化にとどめる方針を示している。

スポーツジャーナリストのフリッツ・シマンジュンタク氏は「政府にはアジア大会に対する戦略的な計画がない」と批判。インドネシア・サッカー協会(PSSI)が国際サッカー連盟(FIFA)から国際試合の禁止措置を受けているため、サッカー競技を行えない可能性もあると付け加えた。

18年アジア大会の競技会場はジャカルタのほか、南スマトラ州パレンバン、西ジャワ州、バンテン州に予定されている。


関連国・地域: ベトナムインドネシア
関連業種: 建設・不動産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ郊外で開発中…(03/30)

ジャカルタ郊外で開発中の新都市「オレンジ・カウンティ」がどういう街になるのか、また国内でどういう評価…

続きを読む

ホンダ、新スクーピーを発表 年間60万台の販売を目標に(03/30)

インドネシアの二輪最大手アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は29日、ファッションスクーター「スクーピ…

続きを読む

富士通現法の新社長就任、専門性特化に注力(03/30)

富士通の現地法人、富士通インドネシアは29日、オディ・ハンドコ新社長の就任を発表した。新社長の下で情…

続きを読む

テラドローンがODA案件支援、支店設立も(03/30)

ドローン(小型無人機)総合ソリューション企業のテラドローン(東京都渋谷区)は29日、インドネシアの首都…

続きを読む

大統領、仏政府と5分野で協力に合意(03/30)

インドネシアの内閣官房は29日、ジョコ・ウィドド大統領が、同日からインドネシアを公式訪問しているフラン…

続きを読む

外資の工業団地開発を支援、投資調整庁(03/30)

インドネシアの投資調整庁(BKPM)は、外国企業による工業団地の開発を支援する方針を明らかにした。政…

続きを読む

欧州基準適合のガソリン導入を義務化(03/30)

インドネシアで間もなく、欧州排ガス規制「ユーロ4」に対応した自動車燃料油の導入を義務化する環境・林業…

続きを読む

セゾン情報、データ連携ソフトをタイ拡販へ(03/30)

セゾン情報システムズ(東京都豊島区)は28日、ファイル転送ミドルウエア「HULFT(ハルフト)」シリー…

続きを読む

5月から国際線も発着、首都空港第3ビル(03/30)

インドネシア運輸省は、首都ジャカルタの空の表玄関、スカルノ・ハッタ国際空港の第3ターミナルを、5月1…

続きを読む

首都港アクセス道、運営に国営建設を指名へ(03/30)

インドネシア政府は、首都ジャカルタのタンジュンプリオク港に接続するアクセス高速道路の運営事業者として…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン