《日系進出》西南開発、合弁でソーセージ工場建設へ

西南開発(愛媛県八幡浜市)はインドネシアで、野村貿易、地元の冷凍食品メーカー、スカル・ブミと合弁でソーセージ工場を建設する。投資額は約4億円。来年6月に生産を開始する。国民所得の上昇に伴い、食肉の需要が拡大している現地のソーセージ市場で、3年以内にシェア1割を目指す。

3社はソーセージの製造・販売を手掛ける合弁会社スカル・セイナンを設立する。資本金は115億ルピア(約1億円)。出資比率は、西南開発が30%、野村貿易が19%、スカル・ブミが51%とする。従業員数は80人、うち日本人2人の体制とする予定だ。

工場は、ジャカルタ西郊のバンテン州タンゲランのチクパでスカル・ブミが保有する土地に建設する。年産能力は4,000トン。1年目は760万本、2年目は2,290万本のソーセージを生産する計画。インドネシアで販売するほか、日本を含む海外への輸出も視野に入れている。

西南開発が海外に拠点を設けるのは初めて。イスラム教の戒律に準拠していることを証明する「ハラル認証」を取得し、拡大する食肉需要を取り込む考えだ。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 食品・飲料金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

製薬MBF、麻酔薬の生産で中国企業と協力(04/21)

インドネシアの製薬マハカム・ベタ・ファルマ(MBF)は、麻酔・鎮痛薬のフェンタニル注射液の国内生産開…

続きを読む

国営製薬、バンドンの工場跡地に大街区開発(04/21)

インドネシアの国営製薬キミア・ファルマは、西ジャワ州バンドン市にスーパーブロック(大街区)を開発する…

続きを読む

台湾人の海外就職も「新南向」 ASEAN希望者、2年で2割増(04/21)

中国一辺倒の経済から脱し、東南アジア諸国連合(ASEAN)やインド、オセアニアとの関係を強化していく…

続きを読む

関西ペイント、建築用塗料3商品を発売(04/21)

関西ペイントは20日、インドネシアの首都ジャカルタで建築用塗料3商品の発売を発表した。インドネシアで操…

続きを読む

日野自、運転講習施設を改装オープン(04/21)

日野自動車は20日、ヌグリスンビラン州スレンバンにある試乗・講習施設「ヒノ・トータルサポート・カスタマ…

続きを読む

PwCの自動車生産予測(前) ASEANへの投資意欲低く(04/21)

「アジアの自動車産業は今後、部品のモジュール化、自動車の電動化、完成車メーカーの業務提携によって、大…

続きを読む

3月二輪車販売、前年比16%減の47万台(04/21)

インドネシアの2017年3月の二輪車販売台数(確定値、ディーラーへの出荷ベース)は前年同月比16%減の…

続きを読む

【アジア三面記事】夢の国は夢のまま(04/21)

■夢の国は夢のまま インドネシアの中ジャワ州ボヨラリ県で、米テーマパーク、ディズニーランドの建設に向…

続きを読む

大型二輪販売、3月も落ち込み止まらず(04/21)

インドネシアの二輪市場で、排気量251cc以上の大型二輪車販売の落ち込みが止まらない。業界関係者は、消費…

続きを読む

複合アストラ、第1四半期は63%増益(04/21)

インドネシアの複合企業アストラ・インターナショナルは20日、今年第1四半期(1~3月)連結決算の純利益…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン