現代自、専用プラットフォームでEV量産へ

韓国の現代・起亜自動車が2021年上半期(1~6月)に、専用プラットフォームを採用した電気自動車(EV)2車種を量産する。目標は年11万台で、 既に協力会社とは量産スケジュールを共有しているという。27日付電子新聞が伝えた。 プラットフォームは、車両の後部座席の下にバッ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:金大中(キム・デジュン…(01/18)

全国警戒レベル31日まで延長 カフェやジムなど、一部措置緩和(01/18)

コロナ感染者520人、死者は13人増(01/18)

イースター航空が会社更生手続き、LCC初(01/18)

政策金利0.5%据え置き、金融緩和維持(01/18)

上場企業がESG報告書開示、25年から順次(01/18)

現代自、中国・広州に水素電池で法人新設へ(01/18)

起亜自が社名変更、モビリティー事業を拡大(01/18)

20年の自動車産業、生産・輸出が2桁減(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン