現代自、専用プラットフォームでEV量産へ

韓国の現代・起亜自動車が2021年上半期(1~6月)に、専用プラットフォームを採用した電気自動車(EV)2車種を量産する。目標は年11万台で、 既に協力会社とは量産スケジュールを共有しているという。27日付電子新聞が伝えた。 プラットフォームは、車両の後部座席の下にバッ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナで支援金、1世帯に9万円支給へ(18:47)

中韓越の非合金鋼製品、不当廉売で調査開始(18:50)

現代モービス、義王市のR&Dセンター拡張(18:09)

テイクオフ:対話アプリ「テレグラム…(03/30)

現代自の海外生産ほぼ停止 米中で需要急減、非常経営体制へ(03/30)

新型コロナ感染者9583人、死者は152人に(03/30)

全入国者を2週間隔離、4月1日から実施へ(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン