田辺三菱製薬、新棟建設で生産量3割増

田辺三菱製薬(大阪市中央区)はインドネシアの工場を増設する。2016年までに新棟を稼働させ、現地での生産量を2~3割引き上げる。日本から輸出する製品のラインアップ拡充も進め、需要の取り込みを図る。

製造販売子会社タナベ・インドネシアがジャカルタ近郊の西ジャワ州バンドン市に保有する工場を増設する。高血圧症や狭心症の治療薬「ヘルベッサー」や高血圧症治療薬「タナトリル」を含む医療用医薬品の生産体制を整える。

田辺三菱製薬の広報担当者によると、インドネシアでは2014年から全国民対象の国家社会保険制度(SJSN)が開始されることで、医師が処方する医薬品の需要が見込める。輸出でも新商品を投入していく。投資額は日本と中国の工場増強と合わせて200億円になると説明した。

田辺三菱製薬の2012年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比2.2%増の3,225億7,000万円。主力の国内向け医療用医薬品は横ばいの2,785億7,200万円だったが、海外向けが9.8%増の152億1,100万円に伸びた。海外での販売が占める割合はまだ小さいが、アジア市場の成長を取り込み拡大していきたい考えだ。


関連国・地域: 中国インドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計医療・薬品金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

日産現法、次期社長に三菱出身の小糸氏(03/24)

日産自動車は24日、インドネシア日産自動車(NMI)の次期社長に、小糸栄偉知(こいと・えいいち)氏を4…

続きを読む

地域型小売店ミナン・マート、300店体制へ(03/24)

インドネシア西スマトラ州の州都パダンでミニマート「ミナン・マート」を運営するリテール・モデルン・ミナ…

続きを読む

地場不動産、販売伸び悩み 市況見通し前向きも活動は慎重(03/24)

インドネシアの不動産販売各社は、年初2カ月のアパートメントなど住宅販売実績が伸び悩んでいる。今年通年…

続きを読む

【アジア三面記事】罰金は1千ドル(03/24)

■罰金は1千ドル 行き過ぎたコスプレで騒動を起こしたシンガポールの男性に罰金1,000Sドル(約8万円)が…

続きを読む

ダイハツ、全国9地区で無料点検キャンペーン(03/24)

ダイハツ工業のインドネシア現地法人アストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は23日、ダイハツ工業創業110周…

続きを読む

住商機電貿易、地熱発電所を前倒しで完工(03/24)

住商機電貿易(SMT、東京都中央区)は、インドネシア・北スラウェシ州で建設中だったラヘンドン地熱発電…

続きを読む

電気料金、6月まで据え置き(03/24)

インドネシアのエネルギー・鉱物資源省は、電気料金を向こう3カ月間据え置くと発表した。ジャカルタ・グロ…

続きを読む

首都の下水道整備費、16兆ルピアとの試算(03/24)

インドネシアの公共事業・国民住宅省は、首都ジャカルタの下水道整備事業に16兆8,000億ルピア(約1,400億円…

続きを読む

国営電力、ロンボク海底ケーブルを年内完工(03/24)

インドネシアの国営電力PLNは、西ヌサトゥンガラ州ロンボク島と同島西部の沖合にあるギリ・グデ島を結ぶ…

続きを読む

潤滑油の国内基準、来年にも義務化へ(03/24)

インドネシアの産業省は、国内で流通する潤滑油に国内基準(SNI)取得を義務付ける方針を明らかにした。…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン