10兆ルピアの景気刺激策、新型肺炎対策で

インドネシア政府は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の流行拡大で売り上げ減などの影響を受けている観光業などに対する景気刺激策として、10兆ルピア(約798億円)以上を計上する。観光業では主要観光地10地域への観光客増加を目指す。 10地域は、北スマトラ…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(04/06)

テイクオフ:新型コロナ対策で政府の…(04/07)

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

今年の新車販売60万台止まりか、協会副会長(04/07)

五菱が工場生産を停止、6日から2週間(04/07)

3千社の119万人が在宅勤務を導入、首都(04/07)

全国で13万人超が自宅待機や解雇=労相(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン