iPadminiは脱サムスン、日台が受注の中心

米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」の新作として、今年第3四半期にも発売されると伝えられている「iPadmini」で、アップルの「脱サムスン」姿勢が鮮明なようだ。最終製品のライバルに、部品・部材で依存するのを避ける動きといい、日本や台湾のメーカーが受注の中心を担うとの見方が出ている。

5日付経済日報は情報の出所を明らかにせず、アップルの脱サムスンの姿勢と台湾メーカーの受注増見通しを伝えた。

具体的には、iPadminiの7.85インチ液晶パネルは、友達光電(AUO)とLGディスプレー(LGD)が分け合うようだ。友達にとっては初めてiPadシリーズの製品向けに供給することになり、サンプル出荷をするという。

友達傘下でバックライトモジュール(BLM)や導光板を手がける輔祥実業(フォーハウス)が、BLM大手の瑞儀光電(ラジアント)と並んでサプライヤーとなる。液晶パネル用ドライバーICは、ルネサスエレクトロニクスが受注し、同IC封止・測定大手のキン邦科技(チップボンド、キン=斤に頁)が封止・測定を担うという。

製品組み立てはこれまで、鴻海精密工業が最大の担い手だったが、新たに和碩聯合科技(ペガトロン)が浮上。リスク分散を図る意味合いがあるとされている。

■メモリー、サムスンから東芝へ

メモリーの調達戦略でも大きな変化が起こる。サプライチェーンによれば、iPad向けはこれまで、サムスン電子がNAND型フラッシュメモリーを独占供給していた。しかし、iPad2から東芝が第2位サプライヤーに浮上。iPad3では東芝が首位のサムスンに取って代わるという。

第3四半期発売とされるiPadminiでも8ギガバイト(GB)のNANDメモリーを東芝が一手に供給。メモリー封止・測定大手の力成科技(パワーテック)は東芝の最大の封止・測定委託先であり、力成はエルピーダメモリ破たんによるマイナスの影響を補える可能性がある。

日台DRAM産業を窮地に追いやっているサムスンは、半導体事業でファウンドリー(半導体の受託製造)業務も積極的に拡大している。アップルはこれに対する警戒感から、次世代プロセッサー「A7」の生産を台湾積体電路製造(TSMC)に委託し、サムスンの圧倒的な立場に揺さぶりをかけるようだ。

Thumb 20120306twd003b001


関連国・地域: 台湾韓国日本米国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人生初めて詐欺に遭いか…(05/01)

人生初めて詐欺に遭いかけた。ネット通販の商品を受け取った2日後、サイトの職員を自称する女から「同一商…

続きを読む

【書籍ランキング】4月13日~4月19日(05/01)

■<ビジネス書ベスト10> 1.『AI経営で会社は甦る』冨山和彦(文藝春秋) 2.『金融ジェロントロジ…

続きを読む

1QのGDP成長率2.56% 域内投資の回復鮮明、消費やや低調(05/01)

台湾の行政院主計総処(統計局)が4月28日に発表した第1四半期(1~3月)の実質域内総生産(GDP、速…

続きを読む

富士康、中国でアマゾン向け製品工場建設か(05/01)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業を中核とする富士康科技集団が、通信設備・…

続きを読む

鴻海の郭会長がホワイトハウス訪問、米投資増へ(05/01)

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業の郭台銘董事長が米首都ワシントン入りし、…

続きを読む

シャープ3年ぶり黒字、鴻海傘下でコスト削減(05/01)

【共同】経営再建中のシャープが4月28日発表した2017年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業損益が62…

続きを読む

シャープ、売り上げ増へ海外展開加速(05/01)

【共同】シャープは2017年3月期連結決算で、本業のもうけを示す営業利益が3年ぶりに黒字転換し、経営再建…

続きを読む

スマホ競争激化、聯発科の1Q粗利率が過去最低(05/01)

携帯端末向けIC設計世界大手の聯発科技(メディアテック)は4月28日に業績説明会を行い、第1四半期の連…

続きを読む

半導体検査日月光、1Q純利益は4四半期で最低(05/01)

半導体封止・検査世界最大手の日月光半導体(ASE)は4月28日に行った業績説明会で第1四半期の連結業績…

続きを読む

群聯元社員が競合に機密漏えい疑い、検察が捜査(05/01)

フラッシュメモリーコントローラーIC大手の群聯電子(ファイソン)の元従業員の男が、会社の回線設計図を…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

SNS公式アカウント

企画広告

出版物

各種ログイン