• 印刷する

テイクオフ:「感染予防への意識が欠…

「感染予防への意識が欠けていた」。韓国人の友人は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染者が急増している現状について、こう漏らす。

友人は釜山の出身。南東部で集団感染が起きる前は、新型肺炎はソウルや首都圏での出来事と考えていたそうだ。ただ、週末にかけて全国的に感染者が確認されことで「地方の人も目が覚めたはず」とも。「みんなが予防を徹底すれば、時間はかかっても感染拡大は抑えられる。追い詰められてから、韓国人は強い」と前向きだ。

確かに、韓国は国民が一丸になるとものすごい力を発揮する。2002年のサッカー日韓ワールドカップ(W杯)でのベスト4の快挙や、朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)を弾劾に追いやった16年の集会などがその代表的な例だろう。今回も力を合わせてこの危機を乗り切ることを願う。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ鈍化、在宅から出勤へ 「働き方」の見直し機運も(04/10)

新型コロナ感染者、39人増の1万423人に(04/10)

政策金利0.75%で据え置き、動向を注視(04/10)

韓国経済研究院、20年成長率マイナス予測(04/10)

越の航空業界、今年は厳しく=韓国貿易協会(04/10)

ハンファグループ、役員報酬の返納相次ぐ(04/10)

イベント社の倒産多発も、キャンセル相次ぎ(04/10)

現代自の光州工場、労働組合が協約破棄(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン