5G整備遅延も、新型肺炎で機器調達に支障

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大で、マレーシアの第5世代(5G)移動通信システムの整備が遅れる恐れが出てきた。機器供給元である中国の生産状況に支障が生じているためだ。20日付マレーシアン・リザーブが伝えた。 マレーシア政府は5G移動通信シス…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

外国人内定者向け日本語合宿、マレーシアで(17:15)

活動制限令違反の逮捕、6千人超に(17:57)

テイクオフ:クアラルンプール中心部…(04/07)

制限令の中小企業影響を緩和 100億リンギの追加支援策を発表(04/07)

最長3四半期でマイナス成長も、SERC(04/07)

RM1=25.0円、$1=4.37RM(6日)(04/07)

ビール大手2社への操業許可、一転取消(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン