政府がマスク調達多様化、国産化も検討

シンガポール政府は新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大でマスクが不足していることを受け、国内生産を含む調達先の多様化を検討している。感染対策の閣僚級作業部会で共同議長を務めるローレンス・ウォン国家開発相が18日、国会で明らかにした。 ウォン国家開発相は国会で代…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染66人、計1375人(6日)(00:50)

テイクオフ:「サーキットブレーカー…(04/07)

経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出(04/07)

内国歳入庁、納税期限など延長(04/07)

1~3月の営業停止、新型コロナで8割増(04/07)

企業の期日内支払い、3年半ぶり低水準(04/07)

空港第2ターミナル、需要減で1年半閉鎖へ(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン