インドの遊びの歴史に変化を ナムコ、ゲーセンで年商10億円へ

勃興期にあるインドのアミューズメント施設市場で、バンダイナムコが奮闘している。進出から4年余りで、西部ムンバイとその近郊に大型ゲームセンターを2店開業した。「初のゲーム体験はスマートフォン」が主流のインドで、遊びの幅を広げつつある若者や家族連れを取り込む。向こ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 電機小売り・卸売りサービスメディア・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

自動車各社が対コロナに支援 人工呼吸器など、医療製品確保で(04/03)

3月の乗用車販売、各社マイナス4割超(04/03)

3月商用車販売、主要6社が7割以上の減少(04/03)

二輪ヒーロー、値引きでBS4車の在庫整理(04/03)

車メーカーがネット販売に注力、コロナ影響(04/03)

モバイルクリエイト、印同業の株式取得(04/03)

インパクト、デリーなどでコンビニ営業再開(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン