マカオのカジノ、当面は各社とも限定営業

新型コロナウイルスの感染拡大抑止にめどがついたとして、マカオ政府が20日午前0時からカジノ関連施設の営業再開を認めたが、業界は当面の間、部分的な営業にとどめる方針だ。中国本土からの入境制限が緩和されていないことや、交通の不便な状況が続いており、大勢の来場者は期待…

関連国・地域: 香港マカオ米国
関連業種: 観光メディア・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

空港管理局、航空業界に20億ドルの追加支援(15:59)

追加経済対策に1400億ドル 雇用を死守、GDPの1割支出へ(04/09)

3月輸出は前年比で小幅減に 前月から1割増、電子部品下支え(04/09)

23日まで集合制限令延長、美容院も休業対象(04/09)

25人が新型コロナ感染、累計960人に(04/09)

施設で唾液提出、空港の全入境者に義務付け(04/09)

立法会議員選、9月6日投票か(04/09)

RTHK番組を政府が批判、台湾の扱いで(04/09)

縦横遊、日本ツアーを5月いっぱい中止(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン