• 印刷する

テイクオフ:レジに並んでサイフを開…

レジに並んでサイフを開ける。スマホでキャッシュレスなんて若者のまねはできない。ある有名経営者にあやかって、いつでもニコニコ現金至上主義だ。目に付いたお札で支払うと店員からひと言。「お客さん、これ1,000ルピア札だよ。足りないよ」。

インドネシアにはなぜか、1,000ルピア札と1,000ルピア硬貨が併用されている。一時は硬貨ばかりになり、札を見かけることがほとんどなかったが、最近になって再び釣り銭で紙幣を渡される機会が多くなった。色が5,000ルピアに似ているところから、札を整理していない財布から取り出すと、冒頭のようなミスも頻発する。

紙幣か硬貨のどちらかにしろとは言わない。せめて大きさだけでも変えてくれれば、と思うのだが。それともこれを機に世の若者のようにスマホでスマートキャッシュレスに転じるか。某有名経営者への道は遠い。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(04/06)

テイクオフ:新型コロナ対策で政府の…(04/07)

【中進国の罠】人口ボーナスに強みとリスク インドネシア、世界5位の経済国へ(04/07)

今年の新車販売60万台止まりか、協会副会長(04/07)

五菱が工場生産を停止、6日から2週間(04/07)

3千社の119万人が在宅勤務を導入、首都(04/07)

全国で13万人超が自宅待機や解雇=労相(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン