パネル2社の資本支出が過去最低、増産せず

液晶パネル世界大手、友達光電(AUO)と群創光電(イノラックス)の今年の資本的支出(研究開発や設備投資などに投じる費用の総称)が、計440億台湾元(約1,610億円)と過去最低の水準になる見通しだ。業績が悪化する中、増産のための設備投資は控え、新製品の開発や生産ライン…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

台プラ4社、7月売上高は全社前月比プラス(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン