PC2社、1月はともに減収

華碩電脳(ASUS)と宏碁(エイサー)のパソコン世界大手2社が発表した1月の連結売上高は、前年同期比、前月比のいずれもマイナス成長となった。春節(旧正月)休暇による稼働日の減少が要因。経済日報が伝えた。 ASUSの1月の売上高は前年同月比11.3%減の232億167万台…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの特別予算、1600億元に増額(14:11)

新型コロナの感染者、329人に(15:56)

テイクオフ:台湾では現在、隔離対象…(04/01)

台北繁華街の空室率が上昇 新型コロナで、賃料は4割下落も(04/01)

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(04/01)

国巨、MLCCの生産が受注の半分以下に(04/01)

仁宝、20年PC出荷量は横ばい維持へ(04/01)

日月光が資金調達計画、277億元超か(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン