• 印刷する

テイクオフ:新北市の観光地・十分で…

新北市の観光地・十分で元宵節に行われたランタンフェスティバル「平渓天燈節」に、日本からの来客を連れて行った。例年世界各地から多くの人が訪れるため、台湾人からは「すごい量の人で、その日のうちに帰れないかもよ」と忠告されていた。

ところが行ってみると、想像以上にスムーズに移動できてしまった。シャトルバスも受付も屋台も10分以内の待ち時間で済み、新型コロナウイルスの影響が見てとれた。その前に訪れた九フンも、これまで10回近く訪れた中で最も人が少なかった。

中国人の訪台規制が続く中、外国人観光客の主力になりつつあった日本人も減っている。同行した友人も「ぎりぎりまで行くか迷った」と本音を漏らした。旅行自粛ムードが漂う中、延期や中止となったイベントも多い。来れなかった人の分の願いも込めて、ランタンに書いたのはもちろん「健康第一」。(妹)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

聯発とインテル、5G対応PC開発で提携(13:05)

上期の「専利」出願が4%減 コロナ響く、TSMCの首位継続(08/07)

義隆が聚積の増資引き受け、LEDで協業(08/07)

エイサー、2Q純益は前年同期比3倍(08/07)

中国スマホ向けAPシェア、聯発科技が首位(08/07)

世界先進が値上げも、需要旺盛で(08/07)

中華電信とHTC、VRサービスで提携(08/07)

群光、サーバー電源で世界トップ狙う(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン