経済的影響はSARSより深刻 中国依存度高く、GDP下方修正

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大がシンガポール経済に影を落としている。貿易や観光を中心に中国への依存度が高まる中、発生源となった同国で収束する兆しが見えないためだ。エコノミストからは重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した2003年よりも、…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(14:07)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(13:40)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(13:40)

1日最多75人感染、計1189人(4日)(14:54)

コロナで6人目の死者、高齢男性(4日)(14:54)

新規感染65人、計1114人(3日)(14:54)

コロナで5人目の死者、高齢女性(3日)(14:54)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(14:54)

中小企業の景況感、過去最低水準に(14:54)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン