肺炎でIPO延期も、メグビーや京東など

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は、香港の新規株式公開(IPO)市場にも影響を及ぼしそうだ。株価急落に伴う環境の悪化で、多くの企業のIPO準備に支障をきたしているという。7日付信報が伝えた。 中国顔認証技術大手、北京曠視科技(メグビー・テクノロジー)は、…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港は来週10日(金)…(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

香港の英銀2行、配当を中止 「逆風に備え」英金融当局指導で(04/02)

51人の感染確認、生後40日の乳児も(04/02)

強制検疫の適用除外、企業の申請始まる(04/02)

香港政府、コロナ対策でカラオケ店など閉鎖(04/02)

小売ラッキー、非接触型決済システムを導入(04/02)

3月のカジノ総収入8割減、コロナ影響続く(04/02)

小売り2千社が一時休業を検討、消費低迷で(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン