経済特区への投資額、18年時点で57億ドル

ラオス国内12カ所に設置されている経済特区(SEZ)への投資実行額が、2018年時点で約57億米ドル(約6,262億円)に達したことが分かった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が6日に伝えた。 SEZ促進管理事務所の党委員会が3日発表した報告書によると、投資主体の内訳は特区…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サイニャブリの洪水、被害額は250億キープ(08/07)

ボケオ県、規定違反で7事業の免許剥奪(08/06)

周辺3カ国労働者、22年3月末まで滞在許可(08/06)

北西部サイニャブリ県、豪雨で洪水被害(08/05)

チャーター機の運航許可、政府が一時停止に(08/04)

国内の貧困率、18~19年は18.3%に低下(08/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン