新型肺炎、タイ観光業に影響 GDP0.7%押し下げとの試算も

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により中国から海外への団体旅行が停止されたことを受けて、タイの観光業に影響が及び始めている。タイでは、観光収入が国内総生産(GDP)の17~18%を占めるとされている。中でも外国人旅行者全体の3割近く…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

自動車生産、1月は13%減 通年見通しは200万台に据え置き(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月の自動車輸出は20%減、7カ月連続縮小(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

撤退発表のGM、在庫を大幅値下げへ(02/21)

GPSCと高砂、ラヨーンに電池工場建設へ(02/21)

日本のインフラ技術を訴求、首都でセミナー(02/21)

東芝、20年は家電販売で15%増収目標(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン