《安全》首都で新型肺炎騒ぎ、政府は否定

インドネシア政府は23日、中国湖北省武漢市を中心に多発している、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が国内でも出たとの情報を否定した。首都ジャカルタのオフィスビルに入居する華為技術(ファーウェイ)の外国人社員が、中国から帰国後に発熱などの症状を訴えた。複数の地元…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営建設子会社、プレコンの生産能力拡大へ(21:04)

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(19:36)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

所得税減税や優遇の一本化へ オムニバス税法、識者に聞く(下)(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

政策金利引き下げ、新型肺炎の影響を懸念(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

パナソニック、家庭用エアコンを初輸出(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン