新型肺炎で26病院が受入態勢 旧正月の移動に警戒、保健省

マレーシアでは、きょう24日から旧正月(春節)の連休に合わせた人の移動が本格化するのに合わせ、世界的に感染拡大が懸念される新型コロナウイルスに対し、関係省庁が対策に本腰を入れている。保健省は国内の26病院に感染者が出た場合の受け入れ態勢の整備を指示した。一方、年間…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新型肺炎流行で10万人失業は空論、政府(21:36)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(19:35)

インドネシアで港湾運営参入、デスティニ(19:36)

国営石油、関連業者の上場支援で6社と提携(19:36)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

1月新車販売は12%減の4.3万台(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン