日本外務省がロヒンギャ報告書を評価

【共同】日本の外務省は22日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題を巡り、同国政府が設置した独立調査委員会が最終報告書をまとめたことを評価する外務報道官談話を発表した。「ミャンマー自身による責任追及に向けた重要な進展だ」と強調した。 報告書は、国軍…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン