日本外務省がロヒンギャ報告書を評価

【共同】日本の外務省は22日、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題を巡り、同国政府が設置した独立調査委員会が最終報告書をまとめたことを評価する外務報道官談話を発表した。「ミャンマー自身による責任追及に向けた重要な進展だ」と強調した。 報告書は、国軍…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

出勤規制、長期なら経済打撃 コロナ急拡大で進出企業当惑(09/22)

新規感染542人、死者は90人台に=21日朝(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

労組連、コロナ対策で経営側にも負担求める(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

Hセム、CLMV諸国に電動二輪売り込み(09/22)

19年度コメ輸出量、目標の250万トン達成(09/22)

モン州勢力、新型コロナで選挙活動禁止(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン