• 印刷する

シンガポールとトルコ製鉄筋に不当廉売判定

マレーシアの貿易産業省(MITI)は20日、シンガポールとトルコから輸入される鉄筋コンクリート用棒鋼製品に対して不当廉売(ダンピング)と判定し、最大20%超の反ダンピング(AD)税を課すと発表した。両国からの輸入品が適正価格を下回っていると最終判断を下した。

MITIは昨年9月、マレーシア鉄鋼協会(MSA)が同年4月に提出した嘆願書を受けて調査を実施し、暫定的にAD税を適用していた。今回の正式決定により、今月22日から2025年1月21日までAD税を課す。

適用される税率は、◇タタ・スチールのシンガポール子会社ナットスチール・ホールディングス(NSH)の製品が4.97%◇シンガポールのその他企業が17.65%◇トルコのディレー・アイアン・アンド・スチールが3.62%◇トルコのその他企業(チョラコール・メタラジーを除く)が20.09%――となっている。


関連国・地域: マレーシアシンガポール中東
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:愛用している自転車は週…(09/28)

サバ州議選、国政与党が勝利 首相信任見極めも過半数ぎりぎり(09/28)

与党連合に亀裂、野党党首への支持表明で(09/28)

現首相、下院過半数割れ指摘も意に介さず(09/28)

投資認可額、上半期は30%減の648億リンギ(09/28)

RM1=25.3円、$1=4.17RM(25日)(09/28)

世界国債指数、マレーシアは構成銘柄保持(09/28)

クナンガが電子財布に参入、株式口座と直結(09/28)

証取、3Qは過去最高の増益=UOB予測(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン