反発、肺炎懸念も値ごろ感で上昇=香港株式

22日の香港株式市場は反発して終了した。中国本土で拡大する新型肺炎への懸念がくすぶるものの、中国当局による情報開示と防疫対策強化の発表を好感。ハンセン指数は前日急落の値ごろ感もあり上げて始まり、28000の大台を回復して引けた。 ハンセン指数の終値は前日比355.71ポイン…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

空港統計、旅客は1月として過去5年で最少(17:44)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(16:40)

クルーズ船、他の乗客は「感染報告ない」(17:17)

テイクオフ:「たった3日で街が激変…(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

政府、新型肺炎対策で21措置 観光業などに補助金、不足指摘も(02/17)

台湾からの入国制限解除、マカオも検討(02/17)

マカオ政府、新型肺炎で緊急経済支援策(02/17)

香港と中国の合弁会社、3発電所を緊急整備(02/17)

貿易発展局、中小企業を4分野で支援(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン